スタッフBlog

  1. 不要な厨房機器はリサイクル店に引き取ってもらいましょう

    日本全国の大都市にある繁華街には、平日休日関係なく、常に大勢の老若男女が訪れるので、これだけの人がいるなら商売も繁盛するだろうと思い、飲食店を出すオーナーは後を絶たない状態です。

  2. リサイクルでオフィスの活性化を図る

    オフィスを移転する費用はないけれど、社の雰囲気を一新するために、オフィスレイアウトの変更を企画される会社は多いのではないかと思います。

  3. リサイクルに出す前に

    楽器をリサイクルに出す前に、ぜひ行ってほしいことがあります。それは楽器のクリーニングです。クリーニングといってもプロにお願いしてきれいにしてもらえ、というわけではありません。自分である程度きれいな状態にしておくと、高額で買い取ってもらえるでしょう。誰だって、汚い商品よりもきれいな商品がよいはずです。

  4. 家具のリサイクルもグローバル化

    家具のリサイクルは海外では当たり前の話です。机、椅子、ソファー、ベッド、本棚など様々な家具のリサイクルが行われています。買取側が注目する点としてはやはり、どれだけ新しいものか、どれだけキレイに使っているか、といった点だと思います。





ページ上部へ戻る